PHPでRespect/Validationを使って値の検証をするときの例外文字複数指定

PHPのRespect/Validationは、入力値の検証に使えるライブラリです。GitHubのREADME.mdを読めば、だいたいの使い方がわかります。

class Validator extends \Respect\Validation\Validator {

    static function validate($param){

        if(!static::notEmpty()->alnum()->validate($param)){
            echo "Error!!";
        }
}

みたいにして使います。

alnum()は「alphanumeric characters from a-Z and 0-9」を検証してくれます。空白も許容。noWhitespace()と組み合わせると空白は非許容となります。例外文字の設定が出来るのですが、README.mdだと例外1文字の例しかなくて、複数の例外文字指定方法がわかりませんが、GitHubのWikiに整理されています。

class Validator extends \Respect\Validation\Validator {

    static function validate($param){

        $additionalChars = "#_-";

        if(!static::notEmpty()->alnum($additionalChars)->validate($param)){
            echo "Error!!";
        }
}

これで「#_-」を許容してくれます。

ご参考まで。

Leave a Reply

Your email address will not be published.