Microsoftの動向、特にUWPについての想像

自称MicrosoftのWindows 10周りのウォッチャーです。
Edgeブラウザ界隈で話題になったのが以下のブログ。

Microsoft Edge: Making the web better through more open source collaboration
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/12/06/microsoft-edge-making-the-web-better-through-more-open-source-collaboration/#wbDUYaHrWt3TaWxX.97

ニュースサイトで取り上げられているのとは別の文脈なのが面白い(タイトル見れば分かる通り)。そのうち日本語化もされます。まあ、要は、Edgeのエンジンを独自開発やめてChromiumにするっていう話。

おいおい、SAC(Semi-Annual Channel)の優位性であったEdgeがそれかよ、みたいな。SACじゃなくてLTSB/LTSCでいいんでないか、と思います。

というのも、他のニュースサイトの報道を見ても、新しいブラウザはWindows 7とか8でも使えるらしい。Windows 7で使えるということはUWP捨てるのではないでしょうか。ストアでもUWPでなくてPWAアプリも載っているんでしょう?だとするとUWPって不要になる気がします。

そろそろUWPやーめたっていうニュースが出そう。そうするとSACじゃなくてLTSB/LTSCでいいんじゃないかとなる。それやると、MS離れがすご~く進むと思いますがね。SACユーザが裏切られたことになるからです。

どうなるか、しばし注目です。

長谷島眞時『変革せよ! IT部門』

長谷島眞時『変革せよ! IT部門』を読みました。

約一年前に読んだ本ですが、そのときはとある方から借りていて、この度この本をいただくことになり、再読することにしました。

ITの統制について、うーん、理解をどのように進めればいいのかだなー。
トップにその認識がないとかなり辛いですよね。うーむ。

今年38冊目。

野村総合研究所+エアーダイブ『図解でなっとく! トラブル知らずのシステム設計』

『図解でなっとく! トラブル知らずのシステム設計』を読みました。

マンガでシステム設計を学ぶことができる本。
プログラマー向けです。プログラミング設計を具体的に学べます。体系だってはないのですが、ミスしやすいところをまとめた形。頭の体操としても非常にいいと思います。

今年29,30冊目。

『API革命 つながりが創る次代の経営』

『API革命 つながりが創る次代の経営』を読みました。

雑誌記事をまとめたものかと思いきや、描き下ろしがほとんどです。最終章以外は描き下ろし。APIがビジネスにどのように活用されているか、色々な事例を知ることが出来ました。

今年28冊目。

Microsoft認定試験 70-698 Installing and Configuring Windows 10に合格してMCSA Windows10取得!

Microsoft認定試験 70-698 Installing and Configuring Windows 10に合格してMCSA Windows10を取得しました!

参考書は以下の2冊。赤本は最近出たんですよね。助かりました。
本を読みながら、実機で設定を確認していくのが良いと思います。

問題自体はそこまで難しくはありませんでした。70-697と一部かぶっている範囲もありましたし。70-697を取得したらすぐにこちらに取り組むのが良いでしょう。

これにてMCSA Windows 10取得となりました。

本は今年18,19冊目。

Microsoft認定試験 70-697 Configuring Windows Devices合格!

MCSA: Windows 10狙いで、Microsoft認定試験 70-697 Configuring Windows Devicesを受験し、合格しました。

以下の参考書・問題集を使用しました。

良い本だと思うのですが、試験の方が遥かに難しかったです。

試験はケース問題が多く、単に知識を問うてくるような問題はあまりありませんでした。実力を問うに良い試験だと思います。

マイクロソフトの試験は久々に受けましたが、試験ソフトがかなり洗練されていました。シミュレーション的な問題もありました。ただ、日本語訳がいまいち。英語表記も可能なので、日本語がわかりにくかったら英語表記にして確認すると良いと思います。

本は今年8,9冊目。

CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guide Library

CCIE Routing and Switching v5.0 Official Cert Guide Libraryを読みました。
Volume1,2の合本で、お値段的にお得感がかなりあります。

かなり丁寧に解説されています。基礎から応用までみっちり。読み応えがある本です。
ネットワーク技術の詳細を知るには、何回も読み返すべき、非常に良い本だと思います。

強いて難点を上げるとすると、本書だけではCCIE Written試験の合格は無理だということでしょうか・・・。
試験が難しくなりすぎていると思います。

今年3,4冊目。

シスコ技術者認定教科書 CCNP Routing and Switching ROUTE&SWITCH テキスト&問題集

シスコ技術者認定教科書 CCNP Routing and Switching ROUTE テキスト&問題集
シスコ技術者認定教科書 CCNP Routing and Switching SWITCH テキスト&問題集

を読みました。

CCIE再認定の入門書として。
去年読んだのですが、ブログに書いてなかったので、今年のカウントとしちゃいます。

ネットワーク技術の入門書として、非常に優れている本です。広くおすすめします。
読んで、CCIE再認定受けて、改めて思うのですが、CCIEとCCNPとの難易度の差が激しすぎますね。。。CCIEというのはそういうものでしょうけど。

今年1,2冊目。

CCIE再認定!〜10年ホルダーへ〜

CCIE再認定受けました!!!

CCIE Routing&Switchingの筆記試験を受験。
昨年末に一回落ち、再トライでなんとか合格となりました。

非常に難化している印象です。
本当に細かいところまで問われるので、準備が大変でした。

IS-ISのCSNP/PSNPとかの詳細を知って何になるんだろうかと疑問を感じた場面もありましたが、
人生の一時期に無茶苦茶な労力をかけて取得した資格です。
そうそう安易に捨てられるものではありませんでした。

しかし疲れました・・・。
私はあまりネットワークの現場には居ないので、キャッチアップが大変でした。
なんとか合格。試験後は少々体調を崩しています。気が抜けたんだと思います。

ともあれ、これで10年ホルダーとなることが確定。
次回は必ずしも再認定を受けなくても良くなります。CCIE Emeritasになるという道があるからです。
私の今の立ち位置や技術力から見ても、Emeritasの方が適しているのではないかとも思います。
他方で、Datacenterの筆記を受けてみたいなあと思う自分もいます。

再認定まで後2年ありますので、ゆっくりと考えたいと思います。