Macbook Pro 13インチ2019年モデル購入!

買っちゃいましたー。

5年経ったので買い替えを検討していて、メモリ16GB/SSD512GBモデルで整備済み製品が出ないかなあと探していたのですが、このたび新モデルが発表されたのでした。同じ時期にインテルのCPUが新しくなるニュースも出ていて、しばらく待とうかとも思いましたが、まあそんな事を言いだしたらいつまで経っても買い替えできません。思い切って購入に踏み切りました。

iMacも考えましたが、持ち運びしたいし。
Macbook AirはCPUが非力すぎ。
Macbookも同上。軽くていいんですけどね。
Apple Watchユーザなので、指紋認証は要らないので、Touch Bar無しモデルが良かったのですが、新しくなる気配ないし。
Macbook Proの15インチは流石に大きすぎるしおもすぎるだろう。

ということで、Macbook Proの13インチ、Touch Bar付きにしました。

せっかくなのでメモリを16GB、SSDを512GBにカスタマイズ。カラーはシルバーです。シルバーのほうが明るくて好きなのです。会社でもMacbook Proを使っていて、そっちはグレーなので、仕事とプライベートで色分けしたかったというのもあります。

(↑は8GBモデルですが、参考までに)

VMware FusionとかParallelsとかでWindows起動しつつ他の作業をしているときなど、パワーの差を感じますね。逆に言うと、そこまでの目立ったパワー差は通常利用だと感じられないかもしれません。私は写真編集などもしますので、そういうときに便利さを実感することになりましょうか。

2019年モデルはキーボードが改善されていると思います。
会社で使っている2017年モデルはキーボードがペタペタしますが、2019年モデルはそこまでペタペタ感が出なくていい感じです。Touch Barも頑張って使ってみることにしよう。

これまで使っていたMacbook Pro 13インチの2013 Lateモデルは秋葉原で売却。いつものイオシスにて。5,000円増額キャンペーンもやっていてラッキー。
残念ながら、ディスプレイに一箇所小さな傷がありまして、減額になってしまいました・・・。
が、増額キャンペーンで45,500円で売ることができました。

ガシガシ使っていこう。ちと作りたいiPadアプリもあるので、開発もやるぞー。

日経BP社『日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ100の技術』

日経BP社『日経テクノロジー展望2019 世界をつなぐ100の技術』を読みました。

100の注目技術を概観出来ます。

特に、ほほう、と思ったのは、一つは「音のVR」。確かにHMDとかを買うのにはかなりのハードルがありますが、フルワイヤレスのイヤホンとかはかなり出回ってきました。音のVRであれば広まる素地はすでにあると思います。音のVRが「ボイスエージェント」として我々の生活のそばに常にいるようになるかもしれません。

あと、やはり自動運転や縦列走行の未来は近いんだなあと。縦列走行は2022年には来るとか。もうすぐそこって感じですね。

「分身ロボット」の例も興味深かった。チャットやビデオ会議は普通になっていますが、一歩進んでいて、リモートワークのときに職場にロボットを置いておいて、同僚はそのロボットに話しかける。リモートワークの人はリモートからそのロボットを操作し同僚とコミュニケーションするというもの。

こういうの読んでいると未来来るの楽しみになりますねえ。わくわく。

今年14冊目。
※図書館で借りた本。

『ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの新人研修 第3版』

『ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの新人研修 第3版』を読みました。

2018年12月に第3版が出たんですね。
NTTのみなさんが書いているんので、NTT出身の私にとってはとっつきやすくて良い本だと思います。
ウォーターフォール型のみならず、アジャイル開発についても解説されており、参考になりました。ソフト開発の流れとかわからない、復習したい方には非常にいいと思います。

今年10冊目。

中島 淳之介+小原 光弥+豊原 啓治『改訂新版VMwareの基本~仮想化/クラウドのための設計・構築・運用のポイントがわかる』

中島 淳之介+小原 光弥+豊原 啓治『改訂新版VMwareの基本~仮想化/クラウドのための設計・構築・運用のポイントがわかる』を読みました。

定期的に読み直さないとねえ。
いろいろと忘れている自分が悲しいけど。

今年9冊目。
※図書館で借りた本。

ブログ写真をFlickrからAmazonプライム・フォトへ移行する

ブログ(WordPress)写真の置き場として、Flickrを長年愛してきたのですが、フリープランだと1,000枚以上の保存ができなくなってしまいました・・・。ちょっと前までFlickr Proだったのですが、フリープランでも1TBまでの保存が可能となって、Proからフリーに切り替えていたのでした。

しかし、今回のはあまりにもひどいと思うわけです。1TBオッケーの世界から、1,000枚までってー。急激なる方針変更です。Proも値上がりしていると思います。今のお値段でちょっと前までは2年使えたはずです。

ということで、さすがに今回の決定はひどすぎるなあと思って、長年愛したFlickrを捨てて他に移ることにしました。とはいえ、移行をどうするかです。そのまま放置しておくと、1,000以上のファイルは強制的に削除されるらしいし。既存のブログ記事の移行と、新たなブログ記事の書き方を整理する必要がありました。

いろいろと調べたり考えたりした上で、以下のように対応したのでご参考まで。

◆既存のブログ記事の写真の移行=WordpressのExternal image replaceの利用

WordPressにはExternal image replaceという素敵なプラグインがあります。これで、Flickrの画像をローカルのWordpressサーバにコピって表示することが可能になるのです。残念ながら、置き換えてくれるのはサムネイルの画像のみなので、Flickrへのリンクは残ってしまうのですが、まあそれはおいおい対応すればいいかなあと。使い方はリンク先を見ていただければわかります。

◆新たなブログ記事の写真=Amazonプライム・フォトの利用

当方はAmazonプライムユーザーでして、Amazonプライム・フォトが使えるわけです。
これでいいじゃないかと思いました。・・・が、Amazonプライム・フォトの写真をブログにリンクする方法がいまいちわからず。

いろいろとやってみましたが、以下の方法が良いのではないかと思いました。

1.写真をAmazonプライム・フォトにアップする
2.Amazonプライム・フォトで写真を開き、右クリックから写真を保存する。
3.共有ボタンから共有のリンクをコピーする。
4.Wordpressの記事を書くときに、メディアの追加で2で保存した写真をWordpressにアップする。
5.アップしたあとにブログ本文に追記されるa href…の部分を3で置き換える。

1はまあいいでしょう。
2なのですが、以下のように写真を保存するわけです。これがサムネイルになります。ファイルは適当な場所に保存します。

3は以下を見ればわかるかと。

4は記事を書いていて写真を入れたいところで、メディアに追加します。

5について。a hrefの部分ですが、そのままだとWordpressのメディアのファイルへのリンクになっています。まあそのままでも良いのですが、せっかくなのでAmazonプライム・フォトの写真を見せたいというものです。なので、a hrefの部分を3のリンクに入れ替えます。

完成形がこちらの記事

この方法のいいところはWordpressにアップする画像のサイズを抑えられるという点です。何メガものファイルを置くとディスク容量を食ってしまいますからねえ。
(追記:これすいません。ダウンロードした画像を編集しないとサイズは抑えられないです。別途書きます)

いかがでしょうか。ご参考までに。

Apple WatchでMacのロック解除失敗!

Apple WatchでMacにロック解除する方法なのですが、私の場合はうまくいきませんでした。

が、以下の方法でうまく行ったので共有。

・言語設定をMac/iPhone/Apple Watchで合わせる
・FaceTimeのパスワードをきちんと設定する

後者がポイントかと。
毎回毎回Macで聞かれていて、無視してきたんですよね(おいおい)。
今回いい加減に諦めて、ちゃんと設定しました。

この2つがポイントかなあと思います。
Apple Watchでロック解除できればMac bookのtouch barは不要です!
私のようにMacbook Pro 2013 Lateを使っている人は是非に。

Microsoftの動向、特にUWPについての想像

自称MicrosoftのWindows 10周りのウォッチャーです。
Edgeブラウザ界隈で話題になったのが以下のブログ。

Microsoft Edge: Making the web better through more open source collaboration
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2018/12/06/microsoft-edge-making-the-web-better-through-more-open-source-collaboration/#wbDUYaHrWt3TaWxX.97

ニュースサイトで取り上げられているのとは別の文脈なのが面白い(タイトル見れば分かる通り)。そのうち日本語化もされます。まあ、要は、Edgeのエンジンを独自開発やめてChromiumにするっていう話。

おいおい、SAC(Semi-Annual Channel)の優位性であったEdgeがそれかよ、みたいな。SACじゃなくてLTSB/LTSCでいいんでないか、と思います。

というのも、他のニュースサイトの報道を見ても、新しいブラウザはWindows 7とか8でも使えるらしい。Windows 7で使えるということはUWP捨てるのではないでしょうか。ストアでもUWPでなくてPWAアプリも載っているんでしょう?だとするとUWPって不要になる気がします。

そろそろUWPやーめたっていうニュースが出そう。そうするとSACじゃなくてLTSB/LTSCでいいんじゃないかとなる。それやると、MS離れがすご~く進むと思いますがね。SACユーザが裏切られたことになるからです。

どうなるか、しばし注目です。